7月の資産運用結果

外国株
20代資産運用情報

6月の資産運用結果

7月の利益確定額は

株式が-75,114円

配当が+8,557円

合計-66,557円

となりました。

 

今年の利益確定総額は

-1,964,398円

です。 

7月の短期取引口座資産総額は

?円(結果を記録していませんでした。。。)

となりました。 

感想

今月の日経平均株価は、7月1日21,381円から上昇したものの、7月18日21,174円と値を落とし、再び上昇したものの結局7月31日21,337円と言うボックス相場の様相でした。

現在、僕のポートフォリオの大部分を占めているのはVIX 連動ETF(現物)です。日本市場と比較して米国市場は堅調なため、VIX 指数が下がり、マイナス寄与している状況です。

積立購入中の投資信託は利益になっていますが、少額利益確定をして、その資金でVIX 連動ETF を日々追加購入しています。VIX はかなり低い値と言う情報を聞くからです。

この頃、信用取引が不手際で中止中なので、気楽にスイングやVIX 積立購入をしている最中です。

VIX 指数が上昇したら、少しはVIX ETF の利益確定をしたいです。

米国株

私の米国株口座は、米国市場の堅調さにより含み益な状態です。もうこのまま米国株に資金をどんどん移していきたいと思うことがあります。

米国株の堅調さが変に気になり、利益の出た株は売却し、金ETF のGLD や債券のAGGを追加で購入しています。BRK はこの頃、210ドルを超えるとしばらくして頻繁に下がるので部分的に利益確定して、GLD やAGG に資金を回しています。

ジム・ロジャーズの新刊

ジム・ロジャーズの新刊を書店で見かけたので購入してみました。

分かりやすいので読んでいてなるほど、と思うことが多いです。

彼は日本の先行きに大きな懸念を抱いているのですが、私自身も心配になってきます。

 

彼曰く、日本市場は壊滅的なのでいくつかの他国市場の方が良いそうです。

日本円の価値が下がるとすれば、やはり他国市場に資金を移しておくことが保険になるのかな、と思ってきます。

例えば、老後の資金を他国の通貨でも持っておくと保険になるのかもしれません。

おそろしいですが、気になる方はAmazon で購入すれば早くて翌日には届くのでぜひ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました