1月の資産運用結果

こんにちは。

時折、雪が降る時期になりました。

 

1月の結果

1月の利益確定額は

株式が-463,205円

配当が+12,727円

合計-450,478円

となりました。

 

今年の利益確定総額は

-450,478円

です。

 

1月の資産総額は(今回から追加で短期取引口座の資産総額を表示します)

+134,092円

となりました。

 

 もしかすると分かりにくい方もおられるかもしれないのですが、結局のところ今回は資産「総額」として増加となりました。利益確定額が損失になっているのは、昨年から抱える含み損を利益確定したためです。言い換えると、含み損を確定させただけなので、資産総額として減ることはなかったと言うことです。

 最初、利益確定額を見て自分でもやっぱりダメだったか、、と思いましたが、資産総額として実質的には増えている(殆ど変化していない)ことが分かり、一安心でした。

 

内容

 

 手元のデータを見るだけでは、何が資産総額の維持に繋がったか分かりにくいです。

 一つの要因は、投資信託を毎日積立て購入しており、この1ヶ月で投資信託の基準価格が上昇したことがあります。投資信託のトータルリターンのページで確認したところ、12月末より+27,427円でした(でも含み損中です)。

 ちなみに保有中投資信託では、スパークス・日本株・L&S がこの1ヶ月で一番成績がマシです。お試しで購入中のこちらの投資信託は買い付けだけでなく、空売りも戦略に取り入れたもので、ヘッジファンド的な良さがあるのでは、とどこかの本に書かれていました。

 SBI 証券の過去のデータでは、最大下落率よりも最大上昇率が高いようです。おそらく、下落幅よりも上昇幅の方が大きいため、上昇の方が期待できるということかと思います。音楽の時間でお馴染みのメトロノームで言うと、過去のデータでは、左側(最大下落率)には少ししか動かなかったけど、右側(最大上昇率)には大きく動いたから、これからも同じような動きの可能性があるかも、と言うことかと思います(多分)。

 

 証券短期取引では、売買銘柄としては半導体に注目していました。例えば、古河電気工業や安川電機、東京エレクトロンです。

 安川電機は1月15日2814円のときに現物で購入しました。結局、1月下旬に2977円で売却しました。売却前、以前高値の時に購入した同銘柄があったので、平均取得額が約4000円でした。売却する株を個別指定できる信用取引と異なり現物では、売ると損失確定になると思い少し躊躇したのですが、時価総額では増えている、と言うことを忘れずに売却することができました。これで良いはず。

 東京エレクトロンは含み益にしていると一旦大きく下がって、また大きく上昇ということが多く、あまり手が合いませんでした。

 後は、花王やテルモ、トレンド、そしてここ数日強いポーラで取引をしていました。

 ちなみに、Twitter より情報を得ていたユニバーサルエンターテイメントやニチリンの空売り銘柄を利益確定しました(結局損失になったかな)。

 全体として、「含み損がこんなに大きくなって損切りしたくない、上がるのを待とう」と思うまでに、損切りを積極的にしたこともあってか、損失が控え目だったのかもしれません。損失が大きくなると自動で売買してくれる逆指数も積極的に行いました。もちろん、上昇相場だったことも寄与しているとは思います。

 

感想

 この頃は上昇も一息ついて、今後の動きが見えにくいです。今後どっちに転ぶんだろう。。そう言えば、バイオ株は連日のストップ安と大変なことになっているようです。期待があるから株価は大きく上昇する一方で、期待が霧消すると株価は一気に下降してしまう。現物で取引をしていれば負債を抱えることはありませんが、信用取引で取引をしていたら、かなりの負債になる可能性があります。

 そう言えば、信用取引で大きな負債を抱えた場合、証券会社には月に可能な範囲で返済していく方法があるそうです。この時、消費者金融からは借りないように、とTwitter で見かけました。基本的にはこのような取引はするべきではないと思いますが、もし大変なことになってしまった時はいくつかの方法があるようです。

 

ジム・ロジャーズ


 最近、ジム・ロジャーズの「お金の流れで読む 日本と世界の未来」を読書中です。金融市場の先行き懸念がかなり高いとのことでした。世界的には金融緩和の悪影響、日本だと少子高齢化の末路懸念、米国だとFAANG が上昇しているだけでその他銘柄はそれほど上昇していないことや関税など貿易戦争の姿勢が歴史上では適切な経済的選択肢と言えないなどが述べられていたと思います。一方で、これからの投資先候補もいくつか載っていて、試しにMSCI でも積立購入しようかと検討しています。意外なところが発展する、とのことです。

 

 

終わりに

 

 もうすぐ冬も終了です。今年はどんな相場が展開するんだろう。ゆっくり着実にいきたいものです。そうだ、若干レイアウトを変更しました。それでは2月もがんばりましょう。

Author: Shu

20代セミリタイア人が資産運用について思うことを書いていく。