10月下旬の近況

毎度、更新が滞っているにもかかわらず、このページをご覧になっている方が数名おられて、更新をせねば、と思いました。

ありがとうございます。

 

大型株を中心に、2018年1月23日の終値24124円を更新して10月2日終値24270円まで急騰していた日経平均株価が、結局10月11日には終値22000円台まで戻ってしまいました(終値で合ってるかな)。

年初の動きを参考に、今回の高値の時にはある程度の利益確定をしていたので、資産に対する日本円の割合を少し増やすことができました。危なかったです。。

 

今月から某投資オンラインセミナーを視聴しています。デイトレ銘柄では少し大きめの損失、中長期では一応利益になっています。

このセミナーが信頼できるものかどうかはまだ不明ではありますが、投資割合に十分気をつけて、もう少し様子を見ようかと思います。

 

後はTwitter で推奨されている銘柄の取引もしてみました。推奨後すぐに取引をすると利益になるのですが、暫くすると損失になっています。値動きが激しいようです。

 

こうしたことから、セミナーやTwitter の情報を利用する際は、早めの利益確定をする方が安全なのかな、という印象です。仮想通貨と似たような側面があるかも、と。

一方で、信用取引が活発で継続して上昇や下降をする銘柄もありますが、やはりいつか逆の方向に株価が動くと思うと安心できるものではないと思います。

そして、仕事の前日にはこうした銘柄のポジションは減らしています。やはり、含み損が大きくなるなど心配になって業務に集中できないと困るからです。

頻繁に株価の確認ができない本業をお持ちの方は資産配分に十分気をつけていただきたいと思います。

 

全体としては、長期投資用の大手企業銘柄は比較的好調だったことが少しの補完になりました。

 

10月も後数日。。。

現在、米国と日本の株価はレンジの下限で反発しているように見えます。VOO でも購入しようか、何となく三尊だからもう1、2段下がるのを待っても良いか、、、と思案しています。

 

朝晩が冷えてきましたが暖かく過ごしましょう。

Author: Shu

20代セミリタイア人が資産運用について思うことを書いていく。