旅行や出張が多いとき

私はアルバイトに関わる都合で週に1泊自費で数100キロ離れた都市まで出かけるので、新幹線や宿泊費を節約できるよう試みています。その方法を少し紹介します。

 

行きは在来線、帰りは新幹線を使うことが多いです。回数券もしくは青春18切符を使います。

回数券は目的地まで通して買うよりも、分けて購入しています。こうすると通して購入するより、安いことがあります。例えば、京都から大垣に行く際、通して切符を購入すると、京都から大垣で1940円です。一方、分けて買うと、京都から米原1140円、米原から大垣670円、合計して1810円と130円安いです。これが10回だと1300円、100回だと13000円と、額が大きくなります。京都から大垣だと金額の差が小さいですが、経路によってはより大きな差になるので、色々と運賃を検索してみると面白いです。

ちなみに回数券は10回分の料金で、11回乗車することができます。片道5000円の値段がかかりません。もちろん、回数券を目的地まで通して購入していなくてもバラバラの券を組み合わせて利用が可能です。

新幹線ではEX 予約を利用しています。EX 予約では、携帯のアプリから新幹線の指定席を自由席料金で予約できます。混雑時には4号車の1Aなど細かな席指定はできないことがありますが、発車の数時間前なら細かく席指定ができることが多いです。

このとき、特急券だけをEX 予約で購入して回数券と組み合わせて使います。カードタッチで改札を通過できないのは残念ですが、仕方ないです。

加えて、EX 予約をするとポイントが貰えます。そのポイントを貯めるとグリーン席に自由席料金で乗車することができます。僕はペースだと半年に1度はポイントでグリーン席に乗っているように思います。

 

次は宿泊。宿泊ではいくつかの株式優待券を利用して泊まることが多いです。

・ユニゾホールディングス

・大和ハウス工業

・藤田観光

これらに関係するホテルの多くはラグジュアリーホテルではありませんが、出先で使いやすいホテルかと思います。ユニゾだと100株で年5枚の3000円割引券が貰えます。時期的に安いとき、現金3000円で地方都市のホテルに宿泊できることがあります。また、1000株持てば一室無料券が付いてきて、繁盛期の銀座のダブルの部屋にも一人で無料で泊まることができます。ただ、、、しばしば増資によるユニゾの株価の低下を目にしているので、心配であれば100株くらいで良いかもと個人的には思ったります。ちなみに、100株買っても1000株買っても3000円割引券は5枚です。後、UC ギフトカードが3000円(100株から900株)か5000円(1000株)もらえます。室内の雰囲気は未来的な感じがあります。

大和ハウス工業は100株で1000円の利用券がもらえます。室内のセンスは上品なイメージがあります。出先で宿泊したいホテルの上位です。僕の場合、利用券を貰うより先に売ってしまうことがあり、あまり利用できていませんが。

藤田観光は株主優待券があっても、日によってはあまり安くならないです。室内は綺麗です。後、僕は桜木町ワシントンホテルが非常に好きです。夜景としてはホテルニューオータニと並んで良いです。おそらくインターコンチネンタルより夜景は良いのではないかと。。。ちなみに、桜木町のすぐ近くの関内駅近くのワシントンホテルは客室が少し古い代わりに休日前を除いて驚きの安さです。ホテルまでの道が夜は薄暗くて少し嫌ですが(横浜市頑張ってほしい)。

その他にもリソルやJR の宿泊割引券もあるかと思います。

 

以上が僕の遠征節約術でした。もっと色々な方法があるんだろうなと思います。

Author: Shu

20代セミリタイア人が資産運用について思うことを書いていく。