仮想通貨投資

この頃、仮想通貨という言葉をよく聞くようになりました。仮想通貨とは物理的に存在するわけではなく、オンライン上に存在する通貨と言えるかと思います(USDT 等一部を除く)。紙幣のようにプリントされてはいませんが、例えばSuica のように決済で使用が可能です。また、全世界で共通しているので海外旅行に行く際、事前に銀行等で外貨と交換する必要もありません。

仮想通貨で最も有名なビットコインを例とすれば、発行上限が決まっています。ということは、利用者が多くなればなるほど、ビットコインは価値がついてくると言えます。

ビットコインの高値のピークは2017年12月から2018年1月にかけてだと言えます(2018年5月中旬現在)。ビットコインの価格は12月初旬で120万円ほどでしたが、下旬には200万円を超えることがありました。価格が大きく上昇しました。しかし、その後価格は下降し、2018年5月には90万円代まで下落しています。

2017年12月はテレビCM で仮想通貨取引の広告が流れたこともあり、参入者が増えたことが価格上昇の一因かと思います。しかしその後、仮想通貨取引所の不祥事があるなど、仮想通貨の安全性に疑問が持たれることや、利益の引き上げにより価格が下落したと考えられます。

 

仮想通貨に投資をした方が良いかどうかについてですが、私自身の意見としては資産の大部分を仮想通貨に投資することは現時点では決してお勧めできません。仮想通貨で利益を得た人の中には仮想通貨の安全性への危険から資金を株式等に移していると耳にします。仮想通貨は現時点では資産を集中させる人が少なく、したがって値段が上がるとは言いにくいです。例えば、大手の銀行やヘッジファンド等が仮想通貨の取り扱いを始めるとなると価格に変化が表れると思います。

しかし、もし10年、20年単位の長期投資として、あくまで余裕資金で仮想通貨投資をしてみようと思われる場合は面白みがあると思います。

ただし、仮想通貨にはビットコインの他にも多くの名前を聞いたこともないコインがありますが、これらへの投資は慎重に、訳が分からなければしない方が良いと思います。中には詐欺やプロジェクトが機能していないものが多いです。Ripple (XRP) は大手の銀行との提携の話が出ているので、比較的お勧めではありますが、価値が伸びるかというと、あまり伸びないかもしれません。

仮想通貨の取引をしようと思った時、仮想通貨取引所に自分の口座を作る必要があります(仮想通貨取引所の店舗に直接行き購入することもできますが、近所に店舗は殆どないかと思います)。

安全性が高い取引所は多くないので、慎重に選ぶ必要があります。例えば、Bitflyer は大手の銀行との関係があり、安全性が高い方かと思います。

口座ができたら、口座に資金を振り込みます。そして、ビットコイン等仮想通貨の購入をします。Bitflyer でビットコイン購入の際、「ビットコイン取引所」の方が、「ビットコイン販売所」よりも価格が安いことが多いので、確認してください。同じものを買うのに高値を払うのは勿体無いです。ちなみに、取引所によって扱う仮想通貨の種類は異なります。Ripple (XRP) はBitflyer では取り扱いがないので、Bitbank やCoincheck 等を利用する必要があります。英語ができる方はBinance という香港の取引所だと手数料が安いです。

以上で購入は完了です。購入したビットコインはBitflyer 上に保存することができますが、いくつか別の保存方法もあります。ハードウォレットやペーパーウォレットと呼ばれますが、やり方は少し複雑で下手をすると資金を失いますので、十分事前に勉強をしていただきたいです。

 

ちなみに、「bitflyer Lightning」と言う場所からビットコインのFX 取引ができますが、FX は私がお勧めしていないものなので、簡単に始められるとしても、十分な注意をしていただきたいです。特にビットコインは値動きが激しく、ハイレバレッジが可能で、追証になる危険があります。私も経験があります。。

 

私は2017年12月初旬に仮想通貨を購入して、一時期数百万円の利益になりましたが、現在はマイナスです。とは言え、非常に興味深いプロジェクトも進んでおり、長期投資として数年単位で動きを見ていこうと考えています。

これから始められる方は、あくまで余裕資金で積立長期投資をされることが仮想通貨投資開始の要点かと思います。

Author: Shu

20代セミリタイア人が資産運用について思うことを書いていく。